なぜ椎間板ヘルニアになってしまうのか?

まず、「ヘルニア」とは体の器官の一部が飛び出している状態のことを言います。椎間板ヘルニアは、椎間板が飛び出しているということです。その飛び出した部分が神経を圧迫し、痛みが生じる原因となります。

椎間板はほとんどが水分でできていますが、年をかさねていくにつれ、水分と弾力が失われ、厚みがなくなっていきます。すると、特に身体で負担のかかりやすい首や腰で、ヘルニア症状が起こってしまします。

原因は大きく分けると加齢によるものと、身体に過度の負担がかかることです。背骨のクッションの役割をしている椎間板は20歳を過ぎたあたりから次第に衰えてきます。するとちょっとした衝撃でも椎間板をおおっている線維輪にひびなどが入ってしまいヘルニアを引き起こしてしまいます。
あとは、日常生活で腰に負担がかかる仕事に従事している人や、仕事で長時間座っている人などは、背骨が歪みやすくなり、歪んだ背骨に集中して圧力がかかりますので、日頃から姿勢が悪い人も椎間板ヘルニアには注意なければなりません。足を組んだり横座りなどは背骨に大きな負担をかけてしまいますので、体に歪みを作るような姿勢も要注意です。


雑誌取材実績多数(累計60誌以上 テレビ出演2回 )
  • 雑誌
  • 雑誌
  • 雑誌
media詳細はこちら
院長書籍紹介
  • 3万部突破!アマゾン総合ランキング1位『小顔になる!「顔ツボ」1分マッサージ』
  • メイクアップ部門1位『美容鍼灸師が教える5歳若返る 「顔ツボ」1分マッサージ』
  • 紀伊國屋書店ダイエット部門1位『3日で実感 最強!リンパストレッチダイエット』(秀和システム)
books詳細はこちら

まずはどんなものか受けてみて通うか決めたい方へ。感動を体感下さい!

美容鍼初回体験半額
その他の施術 最大3,000円オフ!
coupon詳細はこちら
  • 院長上田隆勇ブログ
  • ほぼ毎日1分
  • 鍼灸師 鍼灸学生向けセミナー
  • 美容鍼を始める専門家のためのメルマガ発行
  • JFACe
  • 取材依頼
  • 執筆・講演依頼
  • 求人情報
facebook