難聴について


日常生活の中で音が聞こえにくくなる症状のことを『難聴』と言いますが、一般的には加齢による難聴がよく知られおり、65〜74歳までで3人に一人、75歳以上になると約半数の人が難聴に悩まされていると言われています。
 
加齢が原因となる難聴は、40代の頃から高音域に対する聴力レベルが低下し始め、60代になると『軽度難聴』レベルまで聴力が低下してしまう音域が広がり、70代ではほとんどの音域が『軽度難聴〜中等度難聴』レベルまで聴力が低下してしまいます。
 
その他の難聴の原因には、中耳炎などの病気や薬の副作用、大きな音に晒されるなどの音の環境によるものなどがありますが構造的には次の3種類に分けることが出来ます。
 

難聴の種類と仕組み

① 伝音難聴
空気の振動を鼓膜に集め、耳小骨で振動を増幅して内耳に送る間のどこかで障害が起こり、
難聴となるケースです。
 
② 感音難聴
耳小骨からの振動を電気的な信号に変換して脳に送る過程のどこかに障害が起こって難聴となるケースです。「突発性難聴」、「加齢性難聴」、「騒音性難聴」、「先天性難聴」、などがこの感音難聴になります。
 
③ 混合性難聴
伝音難聴と感音難聴の2つが合併して起こる難聴です。
 

難聴の治療について

難聴の治療において大切なポイントは、なるべく早く耳鼻咽喉科や脳外科などで専門的な検査をして治療を開始することです。治療開始が早ければ早いほど、治療効果が高いと言われています。鍼灸治療の適応となるのは、脳や中枢神経が原因となる難聴では無い場合、腫瘍などの明らかな器質的原因がない場合は、鍼灸の適応となります。
 
鍼灸治療は、気血の流れを良くして、自律神経やホルモンバランスを整えることで、本来持っている自然治癒力を活性化させて治す方法なので、病院での薬の治療と同時に行っても、薬の作用を阻害したり、身体に副作用を引き起こしたりする事はないのでご安心下さい。また耳周りの特効穴に刺鍼する事で、症状が驚く程軽減する方が多くいらっしゃいます。
 
難聴と一言で言っても原因は様々です。一人では気づきにくい病気ですが、放置しておくと悪化していく可能があります。

 

難聴施術の流れ

【1】

施術の流れ1

予約の日時に会わせての来院と受付最初に問診票にご記入頂きます。

 

【2】

施術の流れ2

その後、施術者が、悩まれている期間、どんな症状があるか、いままでどんな治療をされたことがあるか、どんな生活スタイルか、また、これまで罹った大きな病気などを伺っていき、その後、あなたにあった治療の全体像などをご説明していきます。

 

【3】

施術の流れ3

治療では、最初に脉診(みゃくしん)をします。次に、お腹を診ていきます。

東洋医学では、体のバランスの不調(自律神経の乱れ)が脈やお腹に現れるという考え方があり、つらい症状でバランスを崩してしまった体の異常を、脈やお腹でチェックしていきます。

特に難聴は精神的ストレスや肉体的ストレス(疲れ・寝不足)などとの関連が深く、ストレスによる体の不調を整えることが非常に重要になります。

 

【4】

施術の流れ4

手足、お腹のツボ刺激は非常に重要で、これによって体のバランスが整っていきます。

手足の刺激は、視床下部や脳幹の働きを良くして、自律神経のバランスを整えていきます。まだ、脳下垂体の働きを良くして、ホルモンの分泌を活発にし、全身の血行を改善していき、体調を整え、免疫力を高めます。

実は、体のバランスの不調(自律神経の乱れ)が原因で、思うように治らなかったり、そもそもそれが大元の原因で、耳鳴りに悩まされている場合もあります。全身のバランスを整える根本的な治療をすると、より改善してきます。

 

【5】

施術の流れ5

うつ伏せになりながら、まずリラックスできるようにマッサージを行います。(症状によっては、鍼灸治療を時間いっぱいに行うため省く場合もあります。)

 

【6】

施術の流れ6

その後、背中の自律神経ラインを刺激していき、さらに整えていきます。

 

【7】

施術の流れ7

こうして体のバランスが整った状態で、耳鳴りを起こしている耳の周囲を鍼で刺激してきます。特に、エイフウというツボを刺激し、中耳、内耳の血行を改善して、耳鳴りの原因となっている血流の低下を改善して行きます。

その他、耳鳴りを改善するツボ、耳門(ジモン)、角孫(カクソン)、浮白(フハク)といったツボに鍼刺激を行い、その場所に軽い電気を流し、血行を改させて耳鳴りを解消していきます。 この方法は、幅広い耳の疾患に効果的です。

 

【8】

施術の流れ8

さらに帰宅後も、耳鳴りを改善させるツボを刺激できるように、パイオネックスという医療用の安全な置き鍼(0.6mmの長さのシールタイプの鍼)を耳の周囲に張る場合があります。

状態や、美容的に問題ないかなど確認しながらオーダーメードで行っていきます。(こちらのオプションは無料になります。)

 

【9】

施術の流れ9

ご自宅でできるツボ押しやストレッチなどを指導致します。

 

【10】

施術の流れ10

最後に、フルーツティーでリラックスしてください。

 

以上がブレア元町の治療の流れですが、けっして部分的な治療ではなく、体全体を診ていきます。

全身の内臓のバランスや自律神経のバランスを整えることは非常に重要で、あなたの悩みの根源を絶つ治療を行っていきます。さらに、それぞれの方にあった効果的な部分治療を行います。

 

刺激量は、あなたの体調や体質により、何段階にも調節して行います。適切な鍼の刺激を行うことで、体の緊張は解け、皮膚や筋肉、内臓は回復してきて、治りやすい体になってきます。そして、あなたの腰痛は改善してくるのです。