花粉症について


花粉症とは花粉が原因で引き起こされるアレルギー症状です。
鼻水や目のかゆみ、くしゃみといった鼻や目の症状の他に、皮膚のかゆみをはじめ倦怠感や熱っぽさ等の全身的な症状も出たりします。

 

なぜ花粉症が起きるのか

花粉が体内に入ると、目や鼻の粘膜にあるセンサー(IgE抗体)にくっつきます。すると、アレルギー反応に重要な細胞(肥満細胞)が活動し、アレルギー症状の原因となる物質(ヒスタミン、ロイコトリエン)が分泌されます。これらが神経や血管を刺激し、目や鼻の症状が出ます。
また、免疫機能が低下すると、アレルギー症状が増悪します。

 

鍼灸による治療方法


まず、免疫機能を向上させるために、鍼治療による自律神経の調整が必要不可欠です。
花粉症の方の多くは、内臓の疲れや、冷え性、肩コリでもお悩みです。こちらも改善させていきます。

 

東洋医学的に花粉症のくしゃみ・鼻水は、氣の停滞と水分代謝の低下が考えられます。氣と水を動かしたり、改善させるには「腎」の働きを助ける鍼をします。

さらに当院では、目のかゆみ、鼻づまりに劇的な効果のある「TARポイント」というツボを使い、即効性のある治療を提供致します。

 

 

花粉症治療の流れ

【1】

施術の流れ1

予約の日時に会わせての来院と受付最初に問診票にご記入頂きます。

 

【2】

施術の流れ2

その後、施術者が、悩まれている期間、どんな症状があるか、いままでどんな治療をされたことがあるか、どんな生活スタイルか、また、これまで罹った大きな病気などを伺っていき、その後、あなたにあった治療の全体像などをご説明していきます。

 

【3】

施術の流れ3

治療では、最初に脉診(みゃくしん)をします。次に、お腹を診ていきます。

東洋医学では、体のバランスの不調(自律神経の乱れ)が脈やお腹に現れるという考え方があり、つらい症状でバランスを崩してしまった体の異常を、脈やお腹でチェックしていきます。

 

【4】

施術の流れ4

手足、お腹のツボ刺激は非常に重要で、これによって体のバランスが整っていきます。

手足への刺激は、視床下部や脳幹の働きを良くして、自律神経のバランスを整えていきます。まだ、脳下垂体の働きを高めることで、全身の血行を改善していき、免疫力を高めます。

 

【5】

施術の流れ5

うつ伏せになりながら、まずリラックスできるようにマッサージを行います。(症状によっては、鍼灸治療を時間いっぱいに行うため省く場合もあります。)

 

【6】

施術の流れ9

ご自宅でできるツボ押しやストレッチなどを指導致します。

 

【7】

施術の流れ10

最後に、フルーツティーでリラックスしてください。

 

以上がブレア元町で行う花粉症治療の流れですが、けっして部分的な治療ではなく、体全体を診ていきます。

全身の内臓のバランスや自律神経のバランスを整えることは非常に重要で、あなたの悩みの根源を絶つ治療を行っていきます。さらに、それぞれの方にあった効果的な部分治療を行います。

刺激量は、あなたの体調や体質により、何段階にも調節して行います。適切な鍼の刺激を行うことで、体の緊張は解け、皮膚や筋肉、内臓は回復してきて、治りやすい体になってきます。そして、あなたの腰痛は改善してくるのです。

 

 

鍼灸総合治療コース
鍼灸総合治療コース