眼瞼痙攣

こんなお悩みはございませんか。

□眩しい
□目を空いてるのがつらい
□目が乾く
□目が自然に閉じてしまう
□目がゴロゴロする
□目蓋が垂れる
□目が細くなる
 

なぜ眼瞼痙攣は起こるの?

眼瞼痙攣は、何となく「ピクピクする病気」と思われている事が多いですが、不要なまばたきが増える、自由に目を開けることができない事が眼瞼痙攣であると言われております。原因は詳しく分かっておりませんが、女性に多く、家系内で発生する傾向があるとされています。
 
症状として、瞼の運動障害に加え、まぶしい、目の周辺が不快、痛い、目が乾く感じなど感覚過敏があります。他に、目をつぶっているほうが楽、自然と両目あるいは片目が閉じてしまう片目が閉じてしまう。などもあります。重症になりますと、開瞼不能になり、上下の眼瞼を硬く閉じ、まぶたの周囲や眉間にしわを寄せるという特有な症状も出ます。
 
また、目が乾くという症状から、よくドライアイと間違えられてしまいます。しかし、発症原因が異なる為、ドライアイの治療をしても一向に良くならないのも特徴です。眼瞼痙攣の治療は、対症療法として眼瞼筋内へのA型ボツリヌス毒素を注射があります。
 
A型ボツリヌス毒素が無効な場合があり、その際は眼窩周囲の筋肉を切除する手術を行います。しかし手術後は、顔面神経麻痺などの合併症のリスクがあります。
 

眼瞼痙攣についてはブレア元町にお任せください。

鍼灸では、全身のバランスを整えます。東洋医学では眼瞼痙攣を含む目の症状は、五臓六腑の肝に深く関係しています。肝は日々のストレスで消耗してしまいます。鍼の治療で消耗してしまった肝の氣を補い、氣の巡りを良くしていきます。
 
さらに、腹部や背部にある、自律神経調整に重要なツボを鍼をすることで、全身の気の流れを良くしていき、眼瞼痙攣を起こしにくい体作りを治療をしていきます。
 

初回限定お試し価格実施中

他の治療院で症状が改善しなかった方、保険治療で効果を実感できなかった方などへ。

ブレア元町ではお得な初回お試し価格をご用意しております。他では実感出来ない上田式美容鍼灸を是非一度あなたのお肌で体感してみて下さい。あなたの美と健康の為に、上質な空間と洗練された技術であなたのお悩みを解決することをお約束致します。
 

鍼灸総合治療コース 鍼灸総合治療コース

 

気になる方はLINEやお電話でご相談下さい。

超エナジー鍼灸

 

超エナジー鍼灸