顔面神経麻痺治療

顔面神経麻痺でお悩みの方

◎眼や口が開きにくい

◎食べ物の味がわからない

◎耳に違和感や奥の方に痛みがある

◎顔の帯状疱疹後にピリピリ痛む

◎顔の帯状疱疹後に動きが悪い

◎額にシワが寄せられない

◎唾液や涙の分泌障害がある

 

なぜ顔面神経麻痺がおこるのか?

顔面神経麻痺の原因というのは完全にはまだ解明されていませんが、顔面神経麻痺には中枢性と末梢性とがあり、「中枢性」は脳腫瘍、脳梗塞等の合併症に多く見られます。「末梢性」は脳、脊髄から出て、身体をめぐっている末梢神経が何らかの障害をうけて起こります。

 

末梢性で一番多いものがベル麻痺です。ベル麻痺はたいていは何の前兆もなく、突然顔の片側の筋力が低下します。ベル麻痺は寒冷刺激、精神的なストレス、過労などと関係があるといわれています。初期症状として、麻痺が起こる数時間から1〜2日前に耳の後ろの痛みがあることもあります。

 

二番目に多いものはウイルス感染によるハント症候群です。ハント症候群の麻痺は重症であることが多く、後遺症が生じる率が高い疾患です。症状としては、激しい耳痛、のどの痛み、首の痛み、頭痛を伴うことが多く見られます。さらに耳鳴り・難聴・めまいを伴うこともあります。

 

顔面神経麻痺が起こると、顔の筋肉が麻痺して顔が曲がった状態になります。 眼を閉じることが難しくなったり、水を飲むと口から漏れたりします。通常は顔面の片側のみに生じ、これらの麻痺症状はある日突然現れます。また、麻痺が現れる前に麻痺した側の舌がしびれたり、耳周囲の痛みが生じたり、顔がピクピクけいれんしたりすることもしばしばみられます。

 

顔面の麻痺は3〜4日間で悪化し、片側の顔面が全く動かなくなることもよくあります。 また、顔面神経には味覚を伝える神経、涙や唾液を分泌させる神経、大きな音から内耳を守るため鼓膜を緊張させる反射を起こす神経も含まれています。そのため、顔の麻痺とともに、麻痺した側での味覚の障害、涙の分泌低下、音が響くなどの症状を伴うことがあります。

 

顔面神経麻痺に対する治療法は?

顔面神経麻痺に対する治療法は?

鍼灸の刺激は人間の本来持っている自然治癒力を高めていきます。 麻痺した神経を修復し、血行改善によって、顔の筋肉のこわばりを防ぎます。お顔ももちろんですが、手足のツボを刺激してお身体のコリや、バランスを整えていくことでより効果が出てきます。

 

顔面神経麻痺は約8割の方は自然に治るとは言われていますが、病状の程度や治療開始時期により治りが遅くなったり、顔がゆがんだままになる、笑ったときに口角の上がり方が違う、目が見えにくいなど予後に大きく影響することもあります。

 

時間がたつほど治すのに期間を要するので、顔面神経麻痺と診断された場合は、早い段階(できれば2週間以内)で治療を開始されると回復も早く、後遺症が残る確立も低くなります。 ただ、2週間以内で鍼灸を選択される方は残念ながら少なく、数ヶ月経過、もしくは数年経過して選択される場合が多いのが現状です。しかし、治療を始めると、口角の動きや目の動きが改善され、長年の悩みを解決されて喜ばれる方が多くいらっしゃいます。

 

院長著書の『小顔になる!「顔ツボ」1分マッサージ』(三笠書房)や『美容鍼灸師が教える 5歳若返る 「顔ツボ」1分マッサージ』(ぶんか社)のマッサージ方法をされただけで、改善されるケースもあり、さらに鍼の効果を期待され来院される方も多くおり、思い切って来て良かった、長年の悩みが解決したなど喜びの声を頂いております。

 

初回限定お試し価格実施中

他の治療院で症状が改善しなかった方、または保険治療で効果を実感できなかった方などへ、当院は初回お試し価格をご用意しております。是非当院の初回体験価格をお試し下さい。

鍼灸総合治療コース 鍼灸総合治療コース

 

気になる方はLINEやお電話でご相談下さい。

超エナジー鍼灸

 

超エナジー鍼灸