たるみの原因は?

たるみの原因は?

~なぜ顔のたるみが起きるのか?~

友達と撮った写真の自分を顔や、移動の電車の中のガラスに映り込んだ自分の顔をみたり、ふとした瞬間に「あれ?わたしの顔こんなに疲れていたっけ?」こんな風に驚かれた経験ありませんか?

シワやシミがハッキリと目にわかるのとは違って、ゆっくり進行するので実は気付きにくいのが、肌のたるみ。その進行は、20代後半から始まっています。私たちのお肌はパイ生地のように何層も重なっています。最も上の層は表皮といい、外からの様々な刺激を守っています。この表皮を内側から支えて、肌のハリや弾力、潤いを作っているのが、真皮という層。私たちの肌が、シワやタルミなどの変化を食い止められるかは、この真皮層の働きにかかっています。

とくに、ほうれい線や口元、フェイスラインのたるみ、二重アゴがあると、実年齢より老けて見えてしまいます。女性にとっては、なにがなんでも避けたいことですね。

たるみが起こるメカニズムは、主に、真皮の問題で、年齢を重ねるごとに、コラーゲンの産生が減少したり、ハリを保つコラーゲン線維が劣化すること、そして筋肉が固くなり柔軟性がなくなって引き上げる力が低下し、たるんでしまうことです。

15歳くらいまでは、真皮層にあるコラーゲン線維は成長していますが、成長が止まると、今度は、表情を作るときに引っ張られたり、皮膚の組織に押されたりして、柔軟性が無くなり、シワになったり、たるんできます。この柔軟性の変化が出てくるまでおよそ10 年くらいかかります。ですので、『25歳くらいがお肌の曲がり角』と呼ばれるのもこうした理由があるのです。

こうした年齢の変化の他に、紫外線を浴びると、コラゲナーゼという、コラーゲンを溶かしてしまう酵素が働いて、コラーゲン線維を溶かしてしまい、ハリが失われてしまいます。これが光による老化、「光老化」と呼ばれるものです。

みなさんは肌のターンオーバー(生まれ変わり)を聞いたことがあるのではないでしょうか。肌のターンオーバーは表皮の生まれ変わりのサイクルで、28日くらいと言われています。では、光のダメージを受けた真皮層の回復にはどれくらいかかるかと言うと、なんと、4~5ヶ月!!!ではなく、なんと4~6年もかかるのです。回復するまでにv歳と年齢も重ねていくので追いつかなくなってきます。

また体の筋肉と同じように顔の筋肉も年齢と共に衰えてきます。日々の疲れやストレスなども重なり、表情筋は固くなり柔軟性が無くなってしまいます。筋肉が固くなると、皮膚や脂肪組織を引き上げる力が少なくなるので、重力に逆らうことができなくなり、目元や頬、フェイスラインが下がってしまったり、二重アゴになってしまいます。

■まとめ

タルミの原因は? ~なぜ顔のたるみが起きるのか?~

○肌の真皮層のコラーゲンの減少
○加齢による真皮層のコラーゲン繊維の劣化
○紫外線によるコラーゲン繊維のダメージ
○筋肉の衰え・柔軟性の低下




雑誌取材実績多数(累計60誌以上 テレビ出演2回 )
  • 雑誌
  • 雑誌
  • 雑誌
media詳細はこちら
院長書籍紹介
  • 3万部突破!アマゾン総合ランキング1位『小顔になる!「顔ツボ」1分マッサージ』
  • メイクアップ部門1位『美容鍼灸師が教える5歳若返る 「顔ツボ」1分マッサージ』
  • 紀伊國屋書店ダイエット部門1位『3日で実感 最強!リンパストレッチダイエット』(秀和システム)
books詳細はこちら

まずはどんなものか受けてみて通うか決めたい方へ。感動を体感下さい!

美容鍼初回体験半額
その他の施術 最大3,000円オフ!
coupon詳細はこちら
  • 院長上田隆勇ブログ
  • ほぼ毎日1分
  • 鍼灸師 鍼灸学生向けセミナー
  • 美容鍼を始める専門家のためのメルマガ発行
  • JFACe
  • 取材依頼
  • 執筆・講演依頼
  • 求人情報
facebook