ブレア元町の美容鍼の特徴

「スッキリ・プルプル・パッチリ」喜びの声続出

~ハリウッドスタイル上田式美容鍼~

「こんなにハリが早くでてくるならもっと早くやっておけばよかった!」
「久しぶりにあった友だちに、綺麗になったって言われて嬉しかった」
「顔ってやっぱり体のつながっているんですね。美容鍼で、顔も体も一緒に見てもらえるのがうれしい」
「重かった目がパッチリ。毎日鏡を見るのが嬉しくなった。自分に自信が持てるようにりました」
「肌がプルプル、スッキリ。まわりから褒められて嬉しい」
などハリウッドスタイル上田式美容鍼の体験者様から喜びの声を頂いております。

 

ハリウッドスタイル 上田式美容鍼 7つの特徴 ~最小限の鍼の本数で最大限の効果を出す~

その前に知って欲しい重要な ハリウッドスタイル 上田式美容鍼の特徴

当院では、お顔のリフトアップやシワ改善、小顔、若返りなどもちろん結果を出していきますが、同時に体の治療も行います。
なぜなら、あなたのクマの悩みや、ニキビの悩み、ほうれい線などのタルミは実は体の不調が原因で、お顔だけの手入れだけでは改善しないことがとっても多いから。ですので、カウンセリングや治療でシッカリお身体のケアをしていきます。

顔のトラブルでわかる体の症状

だからこそ、上田式美容鍼の顔の効果が最大に引き出されるのです。
お顔で気になる場所があったらチェックしてみましょう。
あなたの顔のトラブルは体の不調のサインかもしれません。

顔のトラブルでわかる体の症状シワ、
ニキビ、吹き出もの、くすみ……。
これらはすべて体の不調を示すサイン

最小限の鍼の本数で最大限の効果を発揮するのが上田式の美容鍼。思わず眠ってしまう人も多い。

 

上田式美容鍼 7つの特徴 ~最小限の鍼の本数で最大限の効果を出す~

 

特徴2.ロイアルリアクティブポイント

上田式美容鍼では敏感にリフトアップに反応するツボに鍼をしていきます。

顔には約50個のツボがあります。どれもが体のそれぞれの部分と関係があるのですが、なかでも押すと特に筋肉が反応を起こすポイントがあります。

特徴1.ロイアルリアクティブポイント

それは症状の引き金になるポイントを表す「トリガーポイント」や、腱の中にあり圧力をかけると反応する「テンダーポイント」、筋肉と神経の接合部で敏感に反応する「モーターポイント」などといわれるものです。これらのポイントをベースに、より美顔に効果があり、敏感に反応するツボのことを「ロイヤルリアクティブポイント」と名付けたのが上田式です。

このツボは、一度押すだけでも脳にズーンと刺激がくるほどに敏感に反応して効果を発揮します。

詳しくは「リフトアップに必須のツボとは」をご覧下さい。

 

こちらの書籍でも紹介されています。

 

特徴.2顔の筋肉のバランスを考えた鍼を行う

特徴2.顔の筋肉のバランスを考えた鍼を行う

顔の筋肉は、お互いにバランスを取っています。笑顔で口角を上げる筋肉と口角を下げる筋肉とのバランスを考えて、ハリをすることでより引き上げていきます。

また、目の下のはれぼったいクマの原因は、タルミから来ている場合、実はその原因は上まぶたのたるみであることがあります。
そうした場合は、目の下を刺激するのではなく、目の上を刺激して、改善して行きます。

やみくもにハリをするのではなく、理論的に、あなたの顔の筋肉のバランスを考えたハリをすることで、ハリの数が少なく安全に効果をあげられます。

こうした顔の筋肉のバランスを考えて美顔鍼をすると、少ない数で最大の効果を出すことが出来ます。

 

特徴3. 顔を体の状態を映し出す鏡として、体の治療を同時にする

顔は体の状態を映し出す鏡です。上田式美容鍼ではあなたの顔からわかる体調の変化を東洋医学的に診断して、体を治療していきます。顔の悩みの根本の原因の体を同時に治療することで効果を上げていきます。

たとえば、目の下のクマは、東洋医学では3つの原因が考えられます。1つはストレス、寝不足などからくる血行不良で「肝」の機能の低下。

もう1つは、胃腸の調子の悪さからくるむくみ、体調不良で「脾(胃)」の機能の低下。最後の1つは、水バランスや腰痛、疲れなどからくる「腎」の機能の低下です。もちろん目の周りも治療しますが、根本の原因である体の治療を合わせることで効果を上げていきます。

顔と体の症状には以下のような関係があります。上田式美容鍼では、それぞれを改善する体のツボを使って治療をしていくのが特徴です。

特徴3.顔を体の状態を映し出す鏡として、体の治療を同時にする

 

特徴4. 痛みを最小限に抑えた日本伝統鍼灸と翡翠テクニック

特徴4.痛みを最小限に抑えた日本伝統鍼灸と翡翠テクニック

ハリというと映画に出てくるような太いイメージがあるかもしれませんが、中国式のように長いハリや太いハリは使いません。

痛みを最小限に抑えたシリコンコーティングされた極細の日本製の使い捨て鍼を使います。
ハリをするときには、いきなり肌を刺激せず、まず左手で優しく肌を押さえ、鍼管(しんかん)というチューブを当ててから、刺激を最小限に抑えてハリを肌に入れます。

このテクニックは、鍼管(しんかん)法といわれ、江戸時代に日本人が開発し、痛みを抑えソフトにハリ刺激できるテクニックとしてアメリカ、フランス、イギリス、韓国など世界に広がっています。
低刺激で効果を出していきます。

 

翡翠ローラー

また刺激に敏感な方には、翡翠ローラーなどをつかったアイシングテクニックという方法を使います。
翡翠ローラーなどで、痛みを抑えられるように肌を冷やしてからハリをすると、刺激をさらに押さえることが出来るのです。
(院長が開発したテクニックです。)

 

特徴5. カウンセリングを重視(ヒーリング効果もあるカウンセリング)

上田式美容鍼では、理論と研究を重ねた技術の他、カウンセリングを重視しています。

たとえば不眠の原因は、職場のストレスであったり、家族関係の悩みであったり、自分自身の自信の喪失によって起きていたり、と様々です。
この原因によって、治療するツボの位置も変わってきます。

また、カウンセリングで心のトラウマや悩み、ストレスを表出することで、スッキリでき美容鍼の治療効果も上げることが出来ます。私たちは治療家でヒーラーではありませんが、カウンセリングにはヒーリング効果があります。

上田式美容鍼では早くからこの点に注目し、カウンセリングを重視し、あなたの悩みをいち早く解決していきます。

カウンセリングを重視

 

特徴6.経絡顔筋ストレッチでさらに引き上げる。

経絡顔筋ストレッチでさらに引き上げる

美容鍼の後に、さらに効果を高めるために、院長が開発した書籍としても紹介されている、経絡顔筋ストレッチ(経絡小顔マッサージ・アキュレッチ(R)))を行います(60分コースから)。

非常にソフトな刺激ですが、ツボとツボをマッサージしながら軽く引っ張り、筋肉や筋膜、神経を刺激して行きます。

柔らかく心地良い刺激で寝てしまう方も多くいらっしゃいます。

 

特徴7. 治療や骨盤セラピーなどと組合せ、さらなる効果を引き出せる

治療や骨盤セラピー

首肩のコリなどから、首のリンパや血流が悪く、顔がくすんでしまうことがあります。

また、腰が悪くて姿勢がわるいことで、フェイスラインにたるみクセがついてしまうこともあります。

また、アゴの歪みは、骨盤の歪みからきていることもあります。ですので、首肩や背中の治療を組み合わせたり、骨盤調整を美容鍼の施術の中で行うことも出来ます。

美容+癒しにさらに治療も行うことで最大の効果を上げていきます。

実際の体験者の声はこちら

 

施術の流れをご紹介

施術の流れをご紹介

 

料金・会員プラン 料金・会員プラン